インターネットショップを応援するサイト(ISA)
インターネットショップに必要なノウハウやサービスを提供します。
internet Shop Agent(ISA)とは、インターネットショップの代理サイトです。

売れる!売れない!お店  SEO対策   


【売れる!売れない!お店】

売上アップに悩んでいるショップ経営者の方は、『売れないお店』と『売れるお店』を読んで、あなたのお店を見直してください。
それでも、売れない原因が解らない方は、無料でサイトの診断を実施しています。ご興味があればご依頼ください。


 
【目次】

売れないHP

売れるHP









《売れないお店のホームページ(以下HP)》

まず、売ないお店のHPとは、どのような特徴があるのでしよう。

まず、第1に考えられる事は、お客様が来て来れないお店です。
 =>問題外ですね。この問題については、別途、SEO対策と言うテーマで述べたいと思います。

第2にお客様は来てくれるけど講入まで結びつかないHPです。
これは、
 あなたの店が扱りあっかっている商品の問題?
 又は、
 HPの作り方に問題?

 のどちらかであると考えられます。

では、商品の問題かなと思われた方! =>yahooへジャンプしましょう。
正直、早目にお店をやめた方が良いですよ。
あなたが商品の良さに自信を持てないのに、お客様が送料まで払って、あなたのお店の商品を買う理由がありますか?

そうなんです。売れないHPとは、HPの作り方に問題があるのです。

読者の中には、そんなことはない。100万円もの費用を掛けて、プロの業者に依頼したと言う方もいるでしょう。
でも、あなたは、業者の方へ商品の良さを理解してもらう努カをしましたか?
商品説明は、自分で考えましたか?

要するに、売ないHPとは、商品の良さをお客様へ伝えきれていないHPなのです。

お客様の立場になって、ご自分のお店を見直してください。

【目次】

売れないHP

売れるHP













《売れるお店のホームページ(以下HP)

売れないお店のHPについては、前述しましたが、その逆を行なえば、売れるHPになると言う事は、簡単に想像が付きますよね!

でも、具体的にどのようにすれば、商品の良さが伝わるかが考え付きますか?

当然、皆様は、ここがー番知りたいのでしょうね!
でも、それは商品によっても違うし、お店の形態によっても違うのです。

ここでは、あなたが取り扱っている商材を、大きく2つの分類に分けて説明します。
ご自分の商材にあった、事例を参考にしてください。

  1)お客様の身の回りに販売されていないニッチな商材
    例えば、地方特産品、ニーズが少ない趣味の商材など、なかなか手に入らない商品。
   2)あなたのお店で購入しなくとも、どこでも購入できる商材
    例えば、電化製品、野菜、化粧品、日用品(洗剤やトイレットペーパー)など、お客様の身の回りに販売されている商品。

あたなが取り扱っている商材は、1) 2)のどちらかに分類されましたか。

それでは、順番に解説します。


<お客様の身の回りに販売されていないニッチな商材>

この手の商材は、どちらかと言えば、インターネット向きの商材と言えます。
なぜならば、手に入れにくい商品である為に、お客様は、あなたのお店で購入する動機付けが出来るし、通信販売でのデメリットである送料が、お客様にとっては2)の商材に比べ、許容の範囲にあるからです。

でも、現在は、ニッチの商材であっても競合店が、たくさんあります。
その競合店の中で、勝ち残る為には、あなたのお店で購入する動機付けが必要です。
それには、インターネットの最大の魅力である情報の発信の力を借りるのです。

例えば、商材へのこだわりや商品説明を、競合店より詳細にして見てください。
それだけで、売上は伸びるのです。簡単でしょ

また、ニッチな商品は、リピータになってくださるお客様が多く、お客様同士の繋がりが強い特性があります。
一度、あなたのお店で、購入して満足して頂ければ、お客様があなたのお店の宣伝をしてくれます。

逆に、あなたのお店で、いやな想いをしたら、2度と購入して頂けない上、悪口を言われる可能性もあります。
ニッチの商材は、リピータを如何に増やすかを、考えましょう。

商品説明を増やすだけで、売上が伸びると想い、誇大表現や偽りを記入してはいけません。
お客様の立場になって考えることが、唯一、成功する秘訣なのです。


<あなたのお店で購入しなくとも、どこでも購入できる商材>

正直、この手の商品は、インターネットショップでは売れません。
なぜかと言うと、お客様は、身近にある商材を、わざわざ、送料まで使って高い商品を買わないからです。

お客様の立場になって考えれば、同じ商品であれば、安い商品の方が良いのは、あたり前ですのね。
がっかりしましたか!

でも、あなたのお店で購入するメリットが見つかれば良いのですから、まだ、諦めないでください。


それでは、おなたのお店で買うメリットを、どのようにお客様へ伝えるかを考えて見ましょう。

まず、消去法で考えると、商材だけの魅力では、お客様はどこで購入しようと同じことです。
商材以外でのメリットを探して見ましょう。

例えば、トイレットペーパーの販売を考えて見ましょう。
トイレットペーパーがインターネットで売れると思いますか?


私は、売れると思います。では、なぜ売れると思うのかを説明します。
それは、トイレットペーパーは、カサバル(容積を取る)商品だからです。

例えば、独身男性や独身女性が大きなトイレットペーパーを運んでいる姿は、あまり格好が良いものではありません。
私も、独身時代は、ダイエーでトイレットペーパーを購入していたのですが、それを駐車場まで運ぶ間に知り合いに会わないか、周りの目を気にして運んだ記憶があります。

また、共働きで働いている家庭では、出来るだけ休日は子供と遊んであげたい。
日用品は、まとめて購入できれば嬉しいなどの話をよく耳にします。

これが、あなたのお店で購入するメリットなのです。
商品を売るのではなく、お客様のライフスタイルを販売するのです。

実際、トイレットペーパーを販売しているHPはありました。
ちゃんとライフスタイルを提案しているHPもあれば、価格の低価格を訴えているHPもあります。

前者が売れるショップのHP、後者が売れないショップのHPですね。

トイレットペーパーは、消耗品ですね。
そこで、お客様のことをちゃんと考えているショップでは、一度、申し込むと定期的に発送する仕組みが整っています。
これは、お客様の事を考えたサービスですよね。当然、お店側にもリピート注文があるのですから、メリットは大きいですね。
これこそ、WIN−WINの関係です。

この様に考えると、インターネットショップで売れない商材は、ないのではないでしょうか?

どうですか。何かヒントを掴んでいただけましたか。

Copyright 2004 internet Shop Agent(ISA) e47-4147.com