インターネットショップを応援するサイト(ISA)

WWW を検索 当サイト内 を検索
インターネットショップに必要なノウハウやサービスを提供します。
internet Shop Agent(ISA)とは、インターネットショップの代理サイトです。


第2章では、インターネットショップを開店するために、必要な環境について解説します。


 次に、店舗の場所(=インターネットショップスペース)について学びましょう。

 
【インターネットショップスペースについて】
インターネットショップの歴史について勉強しましよう
 インターネットショップを開店する為には、実店舗の場合と同じで、店舗の場所を決めなければなりません。

 店舗の場所(=インターネットショップスペース)には、大きくわけると3種類になります。

   1) プロバイダー(@nifty / BIGLOBE )などのホームページスペースを利用して開店する方法

   2) ショッピングモール(楽天)などのモールスペースを利用する方法

   3) レンタルサーバー(CPI / お名前.com )などのサーバースペースを利用する方法



 その他にも、最近(2006年中旬の記載)、ドロップショッピングなる方法で、お店を開店する方法が選択枝として出てきました。

 まだ、日本では普及していないようです。電脳卸さんがドロップショッピングを開始される予定となっていますが、まだ準備段階の為、

 今後の動向を踏まえて、詳細については別途説明したいと思います。



 では、3つの開店方法の詳細について説明する前に、費用や集客・運用面での概略を押さえてください。

開店方法 初期費用 ランニングコスト 初期集客力 集客維持 運用効率 運用コスト
プロバイダー 低い 低い 低い 難しい 悪い 高い
ショッピングモール 高い 高い 良い 非常に良い 低い
レンタルサーバー 中〜高 低〜中 低い 良い〜非常に良い 良い 中〜高

 概略が押さえられたら、各開店場所別に特徴を見て行きましょう。



《プロバイダー(@nifty / BIGLOBE )での開店》

プロバイダーのホームページスペースに開店する方法が、最も費用が掛からず失敗したリスクは少ない開店方法です。

但し、あまり推奨できる開店方法ではありません。

実店舗に例えるならば、大きな商業ビルの中だけど、ほとんど人通りがない倉庫の一角でフリーマケット感覚でお店を出している状態と言えます。

集客や運用効率などの面では、他の2つの開店場所より劣ります。


最近は、プロバーダーのホームページスペースを使用しているお店を、ほとんど見る事がありません。

でも、実店舗の補完的な役割として、サービスの提供内容を説明したりするお店は見かけます。



あなたのお店では、どのような役割をネットショップに求めていますか?

実店舗の補完的なもの・・・・ 売り上げ拡大・・・・・ 知名度アップ・・・・・  ネットショップオンリーでの勝負・・・・・



実店舗の補完的なもの以外であれば、他の方法をおススメします。


おススメできない理由として

 1) プロバイダーによっては、ホームページでの商業活動を禁止している場合があります。

 2) ショッピングカートの導入などお客様の利便性を向上させる為のCGIプログラムの利用が制限されいる場合が多いです。

 3) 世の中の感覚として、プロバーダーのホームページでは、ビジネスをやる上ので信頼が低い。

などがあります。



世界の大富豪=ビル・ゲイツ氏は、自宅のガレージ(車庫)からビジネスを始めています。

どうしてもお金がない方は、ホームページスペースでネットショップを開店することも仕方ないでしょう。

ネットショップは、集客力、商品力(魅力)、信頼、信用 を得られれば成功します。
《ショッピングモール(楽天 )での開店》

モールスペースへ出店する方法は、費用的な面では最も高いの開店方法と言えます。

実店舗に例えるならば、駅前の人通りが多い場所 または デパートへ店舗を構えるのに似ています。

つまり、モールスペースへ出店することで、初めからある程度の集客が見込めることになります。



さらなる魅力とは、

 1) 集客のツール(ポイント、メールマガジン発行、アフィリエイト等)が多く準備されている。 

 2) ネットショップを運営する為のシステム(顧客管理、在庫管理 等)が充実している

 3) ネットショップのノウハウ等をバックアップするサポート体制がある。

などが考えられます。

費用的には高額ですが、それなりのメリットが十分にあります。

資本に余裕がある場合は、最も成功の確率が高い方法だと言えます。



ただし、モールでの出店の場合、当然、損益分岐点も高くなります。

大量販売または高利益率で固定費の比率を下げなければなりません。

ある程度の資本を持ち、数年は赤字でも経営を続けられる準備と覚悟が必要です。



代表的なショッピングモールの価格を記載していますので、ご参考にしてください。
モール名 プラン名 初期費用 月額 最低契約
期間
更新 売上金額による課金 備考
楽天 楽天10周年記念
がんばれ!プラン
月額費用の
12ヶ月分
19,500円 1年 6ヶ月
自動継続
購入金額の6.5% 
+ ポイント1%
+ アフィリエイト経由売上げの場合は1.3%
1年目の月額料金は
ライブドア リーズナブルプラン(標準) 18,000円 6ヶ月
自動継続
売上高の0%〜3.3% 売上金額100万円以下は、売上金額による課金はなし
net横丁 手数料
格安コース
21,000円

(保証金10,000円)
21,000円 6ヶ月
自動継続
売上高の2.0% 保証金は退店時に返却
月額無料
コース
(保証金10,000円) 21,000円 1年 12ヶ月
自動継続
売上高の5.0% 保証金は退店時に返却

 ※ 2006/8月時点での情報です。
 ※ 詳細の内容については、必ず各モールへジャンプしてご確認ください。
 ※ モール名をクリックすることで各モールへジャンプします。

《レンタルサーバー(CPI / お名前.com 等)での開店》

サーバースペースへ出店する方法は、費用的な面/集客面/運用面のすべてにおいて、メリットとデメリットが存在します。

実店舗に例えるならば、郊外などの人通りの少ない場所へ店舗を構えるのに似ています。



郊外などの人通りの少ない場所へ開店するのであれば、やはり問題となるのは集客です。

この方法を選んだ場合は、まず、人通りがない場所へお客様を呼び込む所から始めなければなりません。

モールへの出店に比べ、ランニングコストは安く済みますが、お客様にお店の存在を知ってもらうために、

ある程度の時間と広告宣伝費が必要です。

資本はないけど、根気のある方や少しづつ店舗拡大したい方 あるいは 自前で集客するノウハウを持っている方にお勧めです。



集客には、いろいろな方法があります。

SEO対策、オークションへの出品、アフリエイト、アドワーズ広告、ドロップショッピング・・・・・・

これらについては、別途説明しますので、ここでは、実際にサーバースペースで開店する方法を見ましょう。



レンタルサーバーには、1台のサーバーを何人かで共有して使用する方法があり、月額3000円〜4000円円も出せば

安定したサーバースペースを借りられます。


1台のサーバーを何人かで共有すると言っても、独自ドメインを取ることで、私たちのお客様からは自社ビルでお店を展開しているように見えます。

そこが、サーバースペースを利用する1つのメリットです。



実際に契約できるレンタルサーバーのサービス内容を見ていきましょう。

レンタルサーバー業者 サービス名 月額 ディスク
容量
メール
アカウント
ショッピング
カート
独自
CGI等
データ
ベース
CPI シェアードプラン G1 3990円 2.5G 200個 ストアカート
標準
利用可 利用可
リンククラブ ホスティング サービス 3700円 1.0G 200個 ショッピングカート
標準
Windows
Serverの為
使用不可
利用可
MS 
SQL-Server
アイル i-02プラン 1995円 100M 20個 利用可 利用可
お名前.com フリーショップ 0円 商品
30まで
3個
1カウントごとに
500円
ショップに運営に
必要な機能が標準
機能制限あり
ビジネスショップ 3000円 商品
100まで
3個
1カウントごとに
500円
ショップに運営に
必要な機能が標準

※ 2006年8月時点の情報です。
※ 詳細の内容については、必ず各レンタルサーバーへジャンプしてご確認ください。
※ レンタルサーバー名をクリックすることで各レンタルサーバーへジャンプします。



代表的なレンタルサーバーの会社より、ネットショップを開店出来る機能を満したプランをピックアップしています。

多くのプランの中には、標準でショッピングカートを備えていたり、中には、ショップ運営に特化したプラン(お名前.com )もあります。


標準で装備されたショッピングカートでは物足りない方は、独自のCGIやデータベースが利用可能な事も重要な選択ポイントとなります。

特に、ショッピングカートは、お店とお客様が初めて、会話を交わす場所です。

ショッピングカートの仕様が、ご自分のお店の形態にあっているかを、十分に検討されてください。

例えば、ある一定以上購入して頂いたお客様には、送料を無料にしたいのに、ショッピングカートが対応出来ないなど・・・・がないように?!


各レンタルサーバー業者名名をクリックすることで各レンタルサーバー業者へジャンプしますので、ご自分にあったプランをお選びください。
Copyright 2004 internet Shop Agent(ISA) e47-4147.com